自然薬グループ長寿の森林

株式会社和漢薬研究所とカポニー産業株式会社及び全国自然薬研究会は三位一体の体制で、国民の大切な宝である国有林の法人の森林制度を利用して、

  1. 森林資源の造成を図り、国土の保全や生活環境を守ること
  2. 国民の健康増進・保健増進・保養の場として健康への気づきを体験することにより生活習慣病を予防する一助としていただくこと
  3. さらに自然薬服用者を含めた自然薬グループの皆様のふれあいの場として活用していただくこと


等を目的として森林保全活動に取組んでいます。
原料クマザサの採集地を中心として全国3箇所に合計269ヘクタールの国有林を60年間の契約で守り続けて行くことになっています。
3箇所の森林は自然薬グループ長寿の森林と命名され、森林の整備のほか遊歩道の整備や休憩舎(あづま家)の設置等も行なって、多くの方々に健康保養の森林としても親しんでいただけます様、管理に努めています。

長寿の森林

標高約1,400m、ブナやシラカバなどの広葉樹が中心の自然林で、春の新芽・新緑は鮮やかの一言、秋の紅葉も見事です。遊歩道3コースの整備が完了していますので、目印の標識杭沿いに散策して下さい。三つの滝(長寿の滝、やすらぎの滝、健康の滝)を遊歩道Aコース沿いに眺められ、平成15年10月には長寿の森林募金事業により「休憩舎」も完備しました。冬季は雪に閉ざされ、道路も閉鎖されます。6月中旬〜10月下旬が観光シーズンです。

長寿の森林 群馬

標高約1,500m、植林されたカラマツが中心ですが、ブナ等の広葉樹も天然更新され、樹種に富んだ森林です。一面に広がるクマザサの群生地は“圧巻”です。背景には武尊山がそびえ、写真愛好家にとっての撮影スポットには事欠きません。平成15年に遊歩道予定地の一部が開通しました。片品村営の遊歩道も整備されておりますので右下写真看板のある駐車場の案内地図看板に従って散策して下さい。山歩きのシーズンは5月中旬〜11月初旬です。冬季は道路が閉鎖されます。

長寿の森林十和田

標高約500m、ブナ・トチ・キハダ等広葉樹を中心とした森林で、四季折々の風情を楽しめる森林です。観光道路(樹海ライン)沿いに案内看板を設置してありますので、冬季も看板は見えます。山歩きするのは4月下旬〜11月初旬が最適です。春はタケノコ採り、秋はキノコ狩りの人で賑わっています。遊歩道予定地にはまだ案内標識等の整備ができていませんので、林道(自動車で乗り入れ可能)沿いの景色をお楽しみ下さい。観光名所「十和田湖」へは車で20分程のところです。